1

米海兵隊はフロリダ州ブロワード郡の海兵隊航空基地ミラマーで、27機の垂直離着陸可能な航空機ベル社製V-22オスプレイと、16機のシコルスキー社製CH-53Eスーパースタリオンヘリコプターの大規模な離陸演習を行った。

2

3

CH-53Eスーパースタリオンズは、アメリカ海兵隊の要望によって開発された、最も大きくて最も重いヘリコプターです。(スタリオンは種牡馬の意)

4

5

6

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
7


これだけ並んでると凄い迫力で、それだけでワクワクしてくるなw

改めてWikipediaのオスプレイの項目を見てみると、2012年以降のV-107(CH-46)の退役後を担う機体である。 新たにヘリコプターの垂直離着陸能力を持ちながら長距離飛行移動が可能であり、速度約2倍、航続距離約5.6倍、行動半径4倍、輸送兵員数2倍、飛行高度約3.5倍、物資積載量約3倍などの性能を活用して国内外の被災地救助の物資輸送にも役立っているとあり、沖縄とかでアッチの人たちが配備を嫌がってギャーギャー喚くのも解る気がするw



OSPREY(オスプレー) ハイクライト26 OS57165 ブラック ワンサイズ