2

ローマのJanikulの丘で、兵士たちが大砲で正午を伝える空砲を発射していた伝統行事。

「正午に撃つ」という伝統は、1846年に鐘の音が届かない市民が混乱しないよう、鐘楼の音に合わせ大砲を使い、町全体に届く音で市民に知らせることにしました。

それはピウス9世(カトリック教会の司祭、第255代ローマ教皇)が始めた物でした。

しかし、今回は女性兵士が空砲を失敗したため少し遅れました。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
2


あの紐を引くことで撃針?火管?(正式名称がよく解らない)それで発射されるはずが、硬かったのか、単に勢いが足りないだけなのか、鐘の音が終わりそうになり焦りまくってるなw

観光客もヒヤヒヤドキドキなようだw

観光行事なんだろうけど、大衆の前での失態は兵士として恰好がつかないから必死になるな。



GZYF 大人気 ポケット砲 海軍大砲 ミニキャノン ステンレス ミニクロスボー スチールボール付き 飾り 贈り物 全2色 (ブラック)