3

雌鶏の肉が無慈悲なさまざまな方法で膨らまされているという事実に我々は慣れている場合があります。

しかし、それはただの鶏ですか?

そして、一般的にこれらの「水」の一部の成分は何ですか?

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
3


肉の重量増加のために、鶏肉に追加されるものの成分は何ですか? と聞かれると主成分は水です。

それはほとんど費用が掛からないが、水が肉から流れ出るのを防ぐために、ある組成物と混合されることがあります。

E640風味向上剤(グリシン)、塩 - 39%、安定剤として炭酸ナトリウムE500、E331クエン酸ナトリウムなど、これらのオプションは、鶏の胸肉、鶏もも肉の質量を増やすのに使用されたりします。

1kg あたり100〜200gのE640 があり、これは 無害な風味向上剤で、塩も無害ですが、E500は無害ではありません 。

E500を大量に服用すると、望ましくない影響を引き起こすことがあり、腹痛、膨満感、腫れなどがあり、不整脈、痙攣、発疹、かゆみを引き起こすなど、特に妊娠中の女性には禁忌です。

E331添加剤は高血圧に、吐き気を催したり胸がむかつく悪心を引き起こす可能性があります。


とのことで、こういう事するのは隣のあの国かと思ったが、言葉が違うな(;´Д`)

日本ではこういう事してないよね?って信じたいけど、輸入された物や、ファストフードのアレとかアレなんか加工されてると解らないってのがあるな(;´・ω・)