1

オーストラリアはビクトリア州にあるベンディゴ在住の家族は、5月12日の母の日の朝、母親は家で留守番することにし、父親と2人の娘と犬のラッキーと散歩に出かけました。

その散歩で娘が小石を蹴らなかったら、それはごく普通の散歩のはずでした。

散歩の途中で、女の子は珍しい石を見つけ蹴ってみて、「お父さん、これもしかして金じゃない?」と聞いてきました。

その可能性が充分あることが解り、家族はスーパーマーケット内の貴金属店にそのナゲットを持ち込み鑑定と重さを量ることにしました。

するとその重量は624グラムあり、価値としておよそ35,000ドル(約385万円)あり、今、家族は経済的に困難な状況だったので、この発見は非常に役に立ちました。

2

経済的な状況もそうですが、他の理由で父親は金のナゲットを売るつもりであると言いました。

なぜなら、このような高価なものが家に保管されている間、彼は落ち着いて眠ることもできないからです。

この理由のために彼は匿名のままにしていました。

そのため金が見つかった場所についても語りませんでしたが、彼は再びそこに戻ってさらに金を探すことを計画しています。

犬のラッキーと
3


そうそうこんな金のナゲットが落ちていて発見できるとは思えないけど、こんなラッキーなことがあると「二匹目のどじょう」を狙いたくなるのもしょうがないかw

しかし散歩の時くらいは足元をよく見てみるもんだな。



Meterk 金属探知機 地下金属探知機 宝物金属探知機 下地探し バッテリー配達 調節可能なステム 大型液晶搭載 ハンディ高感度 金属探知器 位置決め