5

IHMC Roboticsの開発チームは、Boston Dynamicsと協力して、最新のAtlasロボットにかなり困難な状況下での歩行を指導しました。

ロボットは狭い1枚板の上で容易にバランスをとり、少し不安定なブロックの上を沿って歩くことができます。

これはルートの予備的な計算ではなく、ロボットがリアルタイムで初めての場所で踏んだ所のバランスをとる計算をしています。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
5


ちょっと不安定に揺れるブロックの上でサーボがギュギュギュギュって小刻みに動いてバランスを取ってる様子が解り、ロボットもここまで来たかと感心してしまう。

でもターミネーターの時代が着実に来てるなって少し怖い気がしないでもない?w



ムービー・マスターピース ターミネーター4 T-600 (1/6スケールフィギュア)