1

通信社 「Anadolu」はトルコの科学技術研究評議会のエンジニアによって作成された最新のレーザー兵器についての情報を公開しました。

その装置は「TÜMOL」と呼ばれており、それは「スターウォーズ」の映画によって使用された武器に非常によく似ていて、最新のレーザーシステムは、イスタンブールの国際防衛産業展で展示されました。

2

この装置は、現在トルコ軍によって使用されているライフルMPT-76(トルコのMKE社がドイツのH&K社のHK416/HK417の設計を基に開発した自動小銃である)にも取り付けることができます。

トルコの産業技術大臣Mustafa Varankaは、レーザービームは100〜150メートルの距離で1 mmのスチールを打ち抜くことができ、最大250メートルの距離で重大な損傷を引き起こす可能性ががあると語りました。

3

レーザーシステムはバックパックに収まり移動することが容易に可能で、バッテリーは30分で充電することができますが、これは最初のプロトタイプで、次のモデルはサイズが縮小され、攻撃力が増します。

4

5

世界で最初の携帯用レーザー銃を開発しましたが、現在トルコ軍ではまだ使用されていません。

しかし実用化されるのは、もうすぐそこまで来ています。

7


GIFを見てみると、ジーっと照射し続けるとスチールにも穴が開きますよって感じ?

「スターウォーズ」のようにピチュン ピチュチュンって光線が飛んでいったり、「アキラ」の金田が撃ってたレーザーガンのように流して撃つと対象物が真っ二つになます切りされるようなのとはちょっと違うようで、「これじゃない感」があるなw

撃たれた相手は、「熱ちっ!」って撃たれたことに気が付くのか?

しかしまだプロトタイプってことで、これから更に進化していくだろうし、もっと小型化して強力になっていくんだろうから、やっぱ撃たれたくはないな。



レーザークロスシューティング スターターダブルセット