babushki-i-voda_01

インドネシアのスラウェシ島にあるTinambungの漁村に住む住人は、綺麗な水を汲んで来る老婆たちに頼っています。


babushki-i-voda_02

村の水は飲み水には適しておらず、洗濯と水浴にしか使えなく、綺麗な飲料水には3 km以上泳いだ場所に行かなければならず、この仕事は年配の女性によって行われます。

babushki-i-voda_03

彼女らは綺麗な水がある井戸の所まで泳ぎ、体にはに200個の空き容器をつけて曳いて行き、そして水を汲んで同じように泳いで戻ります。

綺麗な水の1往復のために住人らは、彼女たちに6.5ドル(約720円)を支払います。

babushki-i-voda_04


お婆ちゃんたちが、こんな過酷な仕事をしてるの見ると泣けてくるな。

とは言っても、本人たちには普通のことで、現金収入が得られる貴重な仕事でありがたいことなのかもしれないが。



携帯用アウトドア浄水器,JETERYポータブル浄水器,濾過1500リットルに,0.01ミクロンフィルターシステムで旅行、災害及び緊急時に安全な水を提供