mercedes_benz_gullwing_01

カリフォルニアのクラシックカーの中心地で、珍しいメルセデスベンツ300SLガルウィングが展示されていました。

この車は60年以上にわたりガレージに眠っていて、ほぼそのまま保存されていました。
所有者は前世紀の50年代後半に車を再塗装しようとしていたので、元の塗装は完全にボディーから剥離されていましたが、2層のプライマーだけがガルウィングドアに塗布されており、修復をそこで止めたままでした。

mercedes_benz_gullwing_02

2018年に、このメルセデス・ベンツは100万ドル(約1億1千万円)弱で売られ、新しい所有者が取得しました。

ボディのすべての部分、ドアシール、ガラス、さらにはEnglebert Competition(ベルギーで設立されたゴム製品会社)のタイヤも完全にオリジナルのままであることも重要です。


mercedes_benz_gullwing_03

mercedes_benz_gullwing_04

mercedes_benz_gullwing_05

mercedes_benz_gullwing_06

mercedes_benz_gullwing_07

mercedes_benz_gullwing_08


このボロな状態で1億1千万円で売られるとか凄いなΣ(゚Д゚)

さらにレストアして動く状態にするとなると、その代金だけで目がくらむ金額が掛かりそうだ。

しかしこれを当時購入してるのだからお金持ちだったんだろうけど、自力で全塗装しようとして断念してそのまま60年寝かせて置いたとか、お金持ちの考えることはよく解らないしビックリだな。



タミヤ 1/24 マスターワークコレクション No.151 メルセデス・ベンツ 300SL シルバー 塗装済み完成モデル 21151 完成品