1

酷いケガをした子犬を助けてくれるよう頼むかのように母犬が苦痛で叫んでいました。

私は2か所の深い傷を負っていた子犬を優しく持ち上げて救急車に入れたが、母犬は必死に意思疎通しようと試みるのを止めませんでした。

母犬には他に4匹の子供がいたので一緒に連れて行くことができませんでしたが、私たちは子犬を救い、母親の元に連れて帰るために最善を尽くします。

子犬の傷は酷く数日間歩けなく、神経の損傷が恒久的なものかどうかはわかりませんでしたが、癒しの日々を通して慰められ、そして私たちも子犬の甘えん坊な性格に恋をしていた間、私たちは子犬が帰るのを待っている母犬がいることを思い出しました。



車に撥ねられるとかでもしたのだろうか?

痛くて泣き続ける子犬を自分ではどうすることもできなく、人間ならなんとかしてくれると判断したようだな。

見た目以上に酷いケガだったようで悲鳴をあげているが、治療して歩けるようになり、母親と再会できて良かった。



トライエックス コロコロマメシバ 2019年 祝日訂正シール付き カレンダー CL-361 壁掛け 51×36cm マメシバ 豆柴 子犬