1

南アフリカ共和国のクルーガー国立公園で、ツアー観光客はよく眠っている雌ライオンを眺めていましたが、雄ライオンが音を立てず近付いてるのに気が付き観察を続けていたら、雌ライオンの尻に噛みつき電光石火の速さで仕返しされていました。

ガイドは国立公園のエリアに関する仕事に8年間勤めてきましたが、このようなシーンを目撃したのは初めてのケースであると言いました。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://cn16.nevsedoma.com.ua/392/392052-hotel-razbudit-miluyu-potseluem-no-ne-udergalsya-i-sdelal-pakost-nevsedoma.com.ua.mp4
1



男はこういうイタズラしがちよね?w

だから子供っぽいって言われるし、この前それで怒られたばかりだ(;´・ω・)

この雄ライオンも、「そんな本気で怒らないでええやん」って抗議してる感じだな。



サッポロ 銀座ライオンスペシャル [ 500ml×24本 ]