philippines_01

フィリピンのイリャナ湾のビーチをダイアナ・ミケルセン(Diana Mikkelsen)という名前の住民が歩いている時に、非常に奇妙な生き物を発見しました。

彼女はそれがある種のエイリアンであるとさえ考えたので、彼女はそれがどんな種類の創造物であるかを調べることにしました。

philippines_02

彼女によると、最初はそれがある種のプラスチックゴミであるとさえ考えましたが、しかしよく見るとこれが口と尾を持っている生物であることに気づきました。

彼女は自分で写真を何枚か撮りオンラインで公開し、それがどんな種類の生物であるかを尋ねました。

philippines_03

philippines_04

結局のところ、ゼリー状の生き物はサルパ(生物学上ホヤの仲間に分類される樽形でプランクトン性の尾索動物である)の鞘(さや)タイプに属する生物だということが判明しました。

これらは海の表面に住んでいるので、彼らの体は99%の水でできており透明です。

philippines_05


たしかにこれじゃビニールとかに見えるな、ってか誰かが捨てた大人のおもちゃのようなw

コメントでもそれを指摘してたしw

しかし海には知らない生物がたくさんいるもんだな。



ポリ (ポーリ) サルパ オーロ グラッパ 40度 700ml