1

第一次世界大戦の犠牲者は3,700万人の軍人と民間人であり、1600万人が死亡、2100万人が負傷したと同時に、怪我は想像もできないほど酷いものでした。

若い兵士たちは醜い顔で戦場から戻ってきました。

戦時中、軍医は何千人もの兵士の顔を元通りにする方法を開発することになり、さらに、第一次世界大戦は整形外科全般に強力な推進力を与えたことになりました。
外科医は、顔面の欠損した部分の補綴(ほてつ)物を作成するために負傷した兵士の顔の型取りをします
2

終戦に向かって、73万人以上のイギリス軍の兵士が重大な怪我のために国に戻され、犠牲者の多く(16%)が顔面の怪我をしており、そのうち3分の1以上が重症だと分類されています。

当時の整形外科の分野は充分に発達していなかったため、重傷を負って生き残った人々は視力、呼吸、そして食べ物を食べることを妨げる重大な障害を抱えることになった。

西部戦線で働いていたニュージーランド出身の若いENT外科医、ハロルド・ギリーズ(Harold Gillies)は、兵士の顔の損傷を修復するための最初の医師の試みをし、新しい方法を開発する必要があることを認識しました。

それからギリーズと彼の同僚は、皮膚移植などの方法を含む現代の形成外科の方法を開発しました。

眼鏡に装着されている義眼
3

1917年6月に、ギリーズは顔面再建を必要としている兵士のために1,000以上のベッドを備えたロンドンはSidkapの南東部郊外に王立病院をオープンしました。

そこでは目、あご、頬骨、火傷を負って鼻のない患者など、合計で約11​​,800の手術が行われました。

ですが、ギリーズのすべての手術が成功したわけではなく、患者の一人は移植された皮膚が顔から剥がれ始めた後、中毒で死亡したりもしました。

4

悲劇的な事件の後、ギリーズは多くの経験を積み、最も初期の患者の一人は船員のウォルター・ヨー(Walter Yeo)であり、彼は重度の顔面熱傷を患い、両眼のまぶたを失った。

外科医は、新しい技術「ウォーキングストークスキンフラップ」を使用して、顔に自分の皮膚の「マスク」を貼り付けることに成功しました。
walter-yeo-890934ae-ac28-4f64-8b9b-ae07ae1e755-resize-750

彼は移植する皮膚を完全には取り除かず、新しい場所に完全に生着するまで移植片の血行を維持することを可能にする技術で、皮膚が完全に根付いたときにのみ、元の場所から切り離される方法を発明しました。

同様の方法で、ギリーズは何千人もの兵士の顔を修復しました。

王立病院の顔面手術室? 写真の右側には、優れた外科医ハロルド・ギリーズがいます。
5

ガラス製の義眼の製造方法
6

ギリーズの方法による顔の再建手術の前後の兵士の写真
7

8

9

顔の人工装具を着けた兵士
10

写真は、1917年にフランスの医者と一緒に移住したアメリカの彫刻家アンナ・コールマン・ラッド(Anna Coleman Ladd)です。
11

アンナは自分の「Studio for Portrait-Masks」というスタジオを開き、そこで彼女はそれを必要とする障害のある兵士のためのマスクなどを作り、彼らに新しい人生のチャンスを与えました。

形成外科の話題はアメリカのテレビシリーズ「地下帝国」で触れられました。

写真はポートレートマスクとアイプロテーゼを装着した兵士役の俳優。
12


この頃から整形外科手術は飛躍的に発展したんだね。

皮肉な話だが、戦争が無かったら今のような成形技術はなかったのかもと考えると複雑な気分だ。



Megularlo 乳房のプロテーゼ シリコン製 乳腺切除術 US サイズ: A Cup(500g/Pair)