1

アフリカのルワンダで、彼らはビーツを栽培し始めましたが、しかし、進取的な農夫のおかげで、彼らはさらにもっとそれを栽培し始めました。

2

27歳のUvamariaは大学を卒業し、彼女の専門分野で仕事を見つけられなかったため、ビーツを栽培し始め、彼女はそれからワインを作ることを考えつきました。

3

「Karisimbi」と呼ばれラベルが貼られたこのワインは、即座に地元の人々に広まっただけではなく、近隣の国々の居住者の間でも人気になりました。

5

生産された農家のビーツワインの利点は、手ごろな価格と優れた味です。

6

Uvamariの仕事は増え、地元の農家から野菜を買いとり、今では17人を雇い、毎月約1,000本のワインを売るようになり、来年までに、彼女は売上高を2倍にすることを計画しています。

7

8

9

10

11

12

13

14

15


赤いから赤ワインでいいのか。

発想は単純なものだったのかもだが、価格が手ごろってのは魅力的だよね。

それで味も良かったら最高なのだが、こればっかりは飲んでみない事には解らない。

ワイン好きで、新しもの好きな方はチェックしといて損はないかも。

まだあまり広まってないようなので、今なら自慢できる?


全てボルドー金賞受賞 高樹齢 生産者元詰 贅沢飲み比べ 厳選セレクト 赤ワイン 6本 ワインセット 750ml 6本