4

ラスベガスからフロリダ州の都市タンパへ飛んでいた、フロンティア航空260便は、ジェットエンジンのカウルがめくれ上がっていました。

しかしパイロットが安全に着陸し、誰も負傷することがありませんでした。



千切れてどこかに飛んで行ってしまったのではなく、バカーンと大きく開いた状態になってるようだけど、どちらにせよ、窓から見える景色にこの光景は見たくはないな(;一_一)

近くの空港に緊急着陸するにしても、それまではこの状態のまま飛ばなければならないのだから嫌すぎる。


ウィリアムブラザーズ 1/32 ジー・ビー Zレーサー プラモデル WB32526