1

25年前、ノアの方舟の話を子供たちに読み聞かせていたヨハン・ヘイバーズは、自分で方舟を造ろうと考えていました。

彼の妻はそのような考えを笑って、そんなベンチャーにお金を費やすよりも家族と一緒に休暇をとる方が良いと示唆しました。

しかし、ヨハンは諦めず、2006年までに彼は方舟のレプリカの最初のバージョンを完成させましたが、しかしその船は聖書に書かれていたサイズの1/2の小さいサイズだったことに満足できませんでした。

3

2008年、ヨハンは愛好家のグループとともに、再び本格的なノアの方舟を建て始め、彼らは160万ドルの費用をかけ、2012年に作業を完了し、すでにオランダ南西部のドルドレヒトの主な観光名所となっています。

4

方舟のレプリカは博物館として機能し、聖書に書かれていた船の細部を再現し、ゴリラ、サイ、象などの動物のフィギュアまで見ることができます。

5

聖書には方舟の長さは215キュビット(約125m)、幅は50キュビット(約29m)、高さは30キュビット(約23m)と書かれていました。

実際に作られたレプリカの方舟は、長さ124.97メートル、幅28.96メートル、高さは22.86メートル、重量2500トンで、一度に5000人まで乗船することができます。

6

船は自走するためのエンジンを持っていませんが、優れた浮力を持っていて、今ヨハンはイスラエルまで方舟を曳航するための費用として130万ドルの寄付を募っています。

7

8

9

10

11

12

13

14

15



オランダにノアの方舟の原寸大レプリカがあったんだね。

これだけの大きさの木造船を民間で作ったとか、それだけでも驚くが、最初は1/2サイズといえどそれを個人で作ったとか驚きまくりだ。

管理維持していくだけでも大変そう。

これは一度生で見てみたいものだな。



ミニクラフト 1/350 ノアの箱舟 プラモデル MC11316