5

彼はテスラ モデル3のパフォーマンス・エディションをボンネビル・ソルトフラッツで走らせてどこまで速度が出るかを試して155マイル(約249キロ)まで出し、次の2回目の挑戦で138マイル(約222キロ)に達したところでスピンし始めてしまいました。



ちょっとハンドルが振られ出したかなと思ったらテールが流れ出したようで、緩~くスピンしてるな。

こういう場所では真っ直ぐ走らせるのも難しいんだろうな。

何も無い塩の平原だからか、スピンしてる迫力が映像では伝わりにくい感じだが、乗ってる人はかなりの冷や汗ものだったんじゃないか?(;´Д`)

200キロ以上でスピンなんて、どう対応したらいいのか解らないよw



森永 業務用食品 スナックの素 塩味 500g フライ用