1

ミッキーマウスのプロトタイプとなったウサギのキャラクター「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」について失われたアニメとされてきましたが、今回、それを秘蔵していた日本人コレクターの渡邉靖さんから発見されました。

85歳となる日本人はどれくらいの財宝を手に入れましたか?

彼は15歳の早い時期に卸売業者からこの映画フィルムを購入したと言い、彼はこれを記憶の片隅に覚えていたという。

彼は、スタジオで長年働いていたアニメーターのDave Bossertによって書かれた、「The Happy Rabbit Oswald:失われたディズニーアニメの検索」という本を読んだ後に自分の持っているフィルムがそうではないかと認識したという。

渡辺は地元の新聞社に、このフィルムが「オズワルドの冒険」の一部であるかどうかを尋ねフィルムを見せたところ、それが失われた作品だと確認され、「何年もディズニーのファンだったので、自分の役割を果たすことができて嬉しいです」と渡辺氏は語りました。

日本人コレクターの渡辺靖は、70年前のウォルト・ディズニーの初期作品の1つを所有する唯一の人物であり、85歳になり改めてこの作品がミッキーマウスの原型となったことに気付きました。

今回発見されたウサギのオズワルドの冒険のカートゥーン(cartoon)は、失われたと考えられる7つの作品の1つです。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://cn16.nevsedoma.com.ua/385/385491-nayden-poteryanniy-multik-uolta-disneya-nevsedoma.com.ua.mp4
1


あっ、確かに顔はミッキーだが尻尾が短く、耳が長いウサギだw

ミッキーの原型はウサギだったんだね。

アメリカ本国でも見つからないフィルムが日本にあったとか、ちょっと感慨深いものがあるな。



世界名作アニメ 全10巻 (収納ケース付)セット [DVD]