00

ニュースを 「膨らませ」「捻じ曲げる」ために、多くの場合、特別な技術が使用され続けメディアの公衆からの信頼のレベルは常に下落しています。

今日は、写真を少し編集したり、やや異なる角度を選んだら、どれがどういう意味になるかを見てみたいと思います。

通常、このようなニュースは「ショック」、「センセーション」などの見出しで書かれていたりします。
ケイト・ミドルトンとウィリアム王子の間で3番目のロイヤル・ベイビーを発表したときに撮影された
1

海兵隊2名がイラク南部でイラク軍兵士に水を与え支援している場面
2

テレビ局
3

ドナルドトランプの大統領就任式
4

ヒラリー・クリントンの演説
5

子供たちと遊ぶ兵士
6

TheresaはNorthumberlandで党のキャンペーンバスを発進させる
7

カメラマンのRuben Salvadoriは、イスラエル兵とパレスチナの若者の間の衝突を扱ったが、若いパレスチナ人と協力してこの写真が掲載された
8

プロ移民の抗議
9

パリでの税金訴訟
10

オハイオ州で行われたヒラリークリントンのイベント
11

メディアが私たちを印象操作する方法の例
12


「朝」とかつく新聞やテレビ他が「報道しない自由」を行使し真実や都合の悪いことは隠蔽し、毎日モリカケモリカケとやりたい放題し続けてたおかげで、日本のメディアの信頼度も落ちまくっているが、世界中のメディアも腐り切っていて信頼されていなくなってるんだなw

どうりでテレビで「ネットはフェイクニュースだらけです」って必死にネガキャンしたりするわけだw

確かにネットでのフェイクは多いだろうけど、意見やソースを出してコメントや意見交換をしたりして検証ができるけど、テレビや新聞は一方的にこうした印象操作や嘘を垂れ流し続け、嘘を指摘されても訂正も謝りもしないのだからネットより遥かに性質が悪いよね。

結論ありきで写真加工や映像の継ぎ接ぎして、それに合わせて記事を書くなんて当たり前だったり、池上何某のヤラセがバレたり、今日はどんな嘘を言うかな?って、別な意味でテレビや新聞を楽しみに見ることが多くなったなw



南京事件「証拠写真」を検証する