1

エベレストは地球上で最も有名な山で、これはしばしばチベット名である「チョモランマ」、ネパール名で「サガルマータ」と呼ばれます。

同時に、ここは非常に危険な場所であり、数百の致命的な罠が登山者を待っています。

酸素飢餓から雪崩と、これらを鮮明に思い出させるのは、山の斜面に永遠に横たわっている死んだ登山者の未葬の遺体など、地球の最高峰にある一種の墓地です。

人類が最初にエベレストを征服して以来、即興アルパイン墓地が存在し始めたのは約100年ほど前からです。

エベレストにある遺体の正確な数を数えることは不可能で、ある専門家は約150〜200人の遺体があると言いますが、これは視界内にあるものだけの話です。

いくつかの遺体は偶然ミイラ化することがあり、これは特別なヒマラヤの気候の影響が多く寄与しています。

2

そして、他の遺体は断片だけでした。

3

4

この遺体は、1924年の下山時に死亡したエベレストの最初の征服者の1人、ジョージ・マロリーの死体として確認されました。

5

死んだ登山者のすべてが約束された幸運を持っていたわけではありません。

6

どれだけ冷血だと言われても、いくつかの遺体は登山の目印として使用されています。

7

90年代後半にエベレストで死亡したこの男性の遺体は、すべての登山者に「緑の靴」として知られています。

8

いくつかの遺体は、旗や毛布で覆われており、生き残った同志たちからの最後の賛辞です。

9

さらに、エベレストには多くの記念碑や即興で作られた墳丘墓があり、それほど酷いものには見えませんが、あなたは不思議な光景と思うはずです。

10

一部のインターネットユーザーは、静かに眠る遺体の傍を歩いて登る登山者の無神経さに憤慨したりもしています。

11

しかし、海抜8000メートルの高さは、残酷で無慈悲な世界であり、あまりにも多くの危機に曝されている場所です。

12

死んだ同志の遺体を持って下山するのは、余分な負荷を与えることになり危険が増します。

13

ヘリコプターで身体を回収するのは手間もかかり高額であり、気候の特異性のために安定して輸送することはほとんど不可能です。

14

したがって、彼らのほとんどは永遠に雪の中に横たわり続け、自分自身の体を遺跡や目印に変えてしまいます。

あるいは、これらの勇敢で無謀な人々の魂は、世界の一番高い所に留まり続けたいと思っているのかもしれません。

15


改めて見ると遺体がごろごろあったりして凄い光景だな(;´Д`)

ポツンポツンと時々あるんだと思ってたら本当にごろごろあって、これじゃテレビで見せられないし、回収しようにも簡単な話ではないから、そのままにしておくしかないのもしょうがないか。

町中みたいに「あの店を左に曲がって」って説明しようにも目印になる物が無いから、「緑の靴の所を左に」って感じで説明したりが普通なんだろうな。

こんな恐ろしい光景を見ながらも登っていく登山者の気持ちは全然解らないが、それでも登りたいと惹きつけられるものがあるんだろうね。



ひだまり本舗[EVN920-1][紳士用]長袖丸首シャツ ひだまり エベレスト[3重袖シリーズ] (S, ブラック)