3

サンマリノでのMoto2レースでイタリアのロマノ・フェナティが、ステファノ・マンツィ(フォワード・レーシング・チーム)に接触され大きくコースオフしてしまい、これに対して怒ったフェナティはバックストレートを走行中のマンツィに並びかけ、140mph(約225km/h)で直進しているマンツィのブレーキレバーを故意に掴む大事故に発展しかねない危険行為を行ってしまった。





この行為によりフェナティはこのレースを失格処分とされ、さらに2レース出場禁止処分を科された。

しかも愚かな行為による代償はそれだけに留まらず、フェナティが所属するマリネッリ・スナイパーズ・チームは彼を解雇し、来季の契約を結んでいたフォワード・レーシング・チームからも契約を破棄されてしまった。


あ~あ(;´Д`)

長い時間と命を懸けて積み上げてきた物を、一瞬の馬鹿な行為で全て失ってしまったな。

うっかりしたら殺人行為になってたかもしれないのだから、こんなヤバい奴を飼ってくれるチームも出てこないだろう。

最初に映像を見た時、負けたくなくて、ついやってしまったのかと思ったが、前に接触があって怒っていたってことで気持ちは解るが、これじゃ擁護のしようがないな。



Minichamps DP 1/12 ホンダRC211V ロッシ モトGP初優勝2002 F付 完成品