plane_00

飛行機が世界で最も安全な移動手段と考えられているにもかかわらず、旅客機は大気中だけでなく地上でも損傷を受けることがよくあり、強力な自然の力から鳥までが飛行機に及ぼす大きな被害を見てみましょう。

おそらく世界中の乗客は着陸後にこれを見たいとは思わないことでしょう。

1.トルコ航空Atlasglobalは、イスタンブール - エルカン間のルートを辿ったときに大量な雹の中にいました。
plane_01

パイロットは前がほとんど見えない状態で盲目的に着陸しなければならなかったが、この作業に上手く対処しました。
plane_02

2. Olenkaからヤクーツクへの飛行中に、 ポーラー・エアラインズ(Polar Airlines)社のAN-24飛行機が暴風雨の中を通過しました。
plane_03

機体はひどく損傷していました。
plane_04

3.ニューオーリンズからオーランドへの飛行中のサウスウエスト航空の乗客がフライト中に撮ったものです。
エンジンが空中で爆発し、パイロットが最寄りの空港に緊急着陸しましたが、誰も傷ついていませんでした。
plane_05

4.トルコの飛行機は、鳥の群れによって深刻な被害を受けました。
plane_06

すでに理解していると思いますが、飛行機に乗るということは、途中で重大な被害が発生する可能性があります。
plane_07

5.鳥との衝突のもう一つの例。
plane_08

6.中国の航空会社中国南方航空のライナーは、着陸中に雹と遭遇した。
plane_09

7.キルギス航空Tez Jetの飛行機で、エンジンが爆発しましたが、幸いにも誰も傷ついていませんでした。
plane_10

8.デルタ航空のパイロットは、テニスボールの大きさの雹と遭遇した後、緊急着陸を余儀なくされました。
plane_11

雹がGPSシステムなどに損傷を与えたため、飛行機はすべて手動で操縦しなければなりませんでした。
plane_12

9.飛行機「アイアン・メイデン」は、陸上を牽引中に深刻な被害を受けました。
plane_13

plane_14

10.エアバスA330-200会社エミレーツ航空は、雹に会った後に大きな被害を受けた。
plane_15


「えっ? 自分が乗ってた飛行機ってあれなの?」「何か大きな音してたけど・・・」

見なけりゃよかったorz

って後からゾッとくるものがあるな。

ノーズコーンがボコボコになるのはしょうがないとして、エンジンや翼に影響は絶対に出てほしくない(;´Д`)



MDグループ車ボディDentプラーツールPaintless雹除去修復11pcs with 10タブ