lamborghini_01

ミズーリ州のセルフ式のガソリンスタンドで撮影された映像で、火災の結果、新型のスーパーカーである(Lamborghini Huracan Performante)が完全に燃え尽きました。

lamborghini_02

車の所有者は、ボストンからラスベガスまでのゴールドラッシュラリー(スピードを競う物ではなく、お金持ちたちのイベント)に参加している途中でした。

lamborghini_03

そして燃料補給のためにガソリンスタンドに入ったところ、隣のミニバンのドライバーが燃料補給機のノズルを抜き取るのを忘れて走り出したためホースが抜けてしまい、高価なランボルギーニの熱い排気系にガソリンを被ったことで着火してしまったそう。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://trinixy.ru/pics5/20180710/post/lambo_fire_two.mp4
4


解り難い方にGIFも

minivan-driver-burns-down-2-lambos-at-gas-station-7


消防車と消防士はすぐに現場に到着しましたが、すでに何も救うことはできず車は全焼してしまいました。

幸いにも、誰も傷ついていませんでしたが、車については当てはまりません。

http://trinixy.ru/pics5/20180710/post/lambo_fire_one.mp4
5



あっちゃー(>_<)

やっちまいやがったな。

「ランボルギーニが隣にいる」って興奮してたか舞い上がっててノズルを抜くのを忘れてたのかな?

こうしたノズル抜き忘れはアメリカで年間に数千件あるようなことも書かれていたが、確かにノズル差し込んだままホースを引き摺って走ってたりする映像がよくあったりするなw

日本ではキャップの閉め忘れってのは聞いたことあるけど、ノズルの抜き忘れってのは聞いたことないけど、稀にあるのかな?

日本のは音声案内でいちいち手順を言ってくれてるから少ないのかもね。

しかしランボルギーニを燃やしてしまうとか、弁償とか考えると頭の中も顔も真っ白になりそうだな。



トミカ No.34 ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ (初回特別仕様)