1

インド東部のオリッサ州では、国からの工業化を受けて急速なインフラ整備が進み、その対価として絶滅の危機に瀕している象の数は絶えず減り続け脅かされています。

1つの脅威は、鉄道からのものです。

ここに4月から見られる事故で、子どもを含む4頭のゾウが示されています。

ジャルスグダ県の高速列車との衝突で瞬時に悲劇的に殺されました。

これはインフラの必要性とその地域のゾウの数との間にある葛藤の悲しい兆候である。

この特別な悲劇は午前3時30分ごろ、ジャルスグダ県で起こったもので、約5時間後に撮影されたこの象は、線路上に横たわっていて、後に撤去されていく象の姿を示しています。

動物NGOのElephant Familyによると、オリッサ州はインド象の最大の生息地の一つです。

過去10年間で急速な工業化により、井戸、鉱山、鉄道などの新しいインフラに対する需要が生まれ、それに比例するように象の数に脅威をもたらしました。

インドの野生生物調査から引用した一説によると、インドの列車での衝突により1987年から2017年7月までに266頭の象が死亡したとされています。



親子で撥ねられて線路上で横たわっているとか悲し過ぎる。

さすがに象の巨体をもってしても列車に勝てる訳もなく犠牲になってしまった

線路わきにフェンスを作るとか、どうにかならんのか?とは思うが、フェンスくらい象は簡単にへし折ったりしてしまうだろうから効果に疑問がありそうだし、発展を優先しそうだし、インドはとにかく広いからそれをカバーする費用が出せるかの方が疑問かもしれないね。



WOK 置物  おしゃれ 象 かわいい のんびり オブジェ 磁器 動物インテリア 2体セット WK030 ホワイト&ブラック