1

瓶の中に詰められた手紙を発見することは映画で見ることがあるかもしれませんが、今年の1月のこと、西オーストラリアのウェッジ島のビーチをトーニャ・イルマン(Tonya Illman)とその夫が散歩していたときのこと、砂浜に半分に埋まったガラス瓶がトーニャの目に入り、彼女は本棚に飾るためにそれを家に持ち帰ることに決めました。
2

車で家に帰ると、彼女の息子のガールフレンドはボトルの中に何かが入っていることに気づき、最初はタバコのように見えましたが、すぐにそれが手紙であることがわかりました。

彼らは手紙が濡れていて損傷することなく開くことができないことを心配して、少しオーブンに入れ乾燥させることにしました。

無事に手紙が開かれた後、彼らはメッセージがドイツ語であることに気付きました。

トーニャの夫のキム(Kym)は、その手紙の内容が漠然として理解することができなかったので、詳細について西オーストラリア海洋博物館に連絡しました。

3

それは1886年にインドネシアに向かうドイツ船から流されたものであることが判明しました。

この船は海流を追跡調査するための実験として船から他に数百本のボトルを投げ流しました。

注記の座標によると、流し始めた場所はオーストラリアのマンジュラの海岸から約600マイルの海から投げ込まれたことが解りました。

4

ドイツ人が1886年6月12日にボトルが実際に投げ出されたという気象誌の記事を通じてこのメッセージを検証しました。

これは131年の間ボトルメールが発見されなかったことを意味し、これまでのボトルの中で最も古いメッセージと判明しました。

トーニャとその家族は、この発見に驚き、現在このボトルとメッセージは西オーストラリア博物館に貸し出されて展示されています。

5




これは浪漫だねぇ。

手紙の内容は意味深なメッセージや宝の地図などではなく、いささか面白みに欠ける内容だったが、130年以上もの長い間、誰にも見つからずにいたってことに浪漫を感じてしまう。

このオーストラリア人も古そうな珍しい瓶だってことでオブジェにしようとしたことが発端だから、これから海に行ったときは砂浜をよく見た方がよさそうだ。



高级なスポーツウォーターボトル - 350ml &500ml &1000ml- 高速流れ、漏れ防止トップフリップカバー - 開くためのボタン - ポリエステルプラスチックのBPA非毒性と環境に優しい、トリタン米国の輸入。ジム、ヨガ、ランニング、アウトドア、サイクリング、キャンプのための適切のボトル (青, 1000ml)