poezd_01

列車はしばしば脱線することがあります。

これらはほとんど手作業で行われているのですが、どのように列車が線路上に戻っていくのかその方法を見てみましょう。

これは鉄道員が「カエル」と呼ぶ特別な装置の助けを借りて行われています。

poezd_02

「カエル」の重量は一つ222kgあり、費用は3万3000ルーブル(約58000円)です。

それをレールに設置し、その後に声かけで誘導されながら運転手が列車をゆっくりと運転し始め「カエル」に乗せてレール上に出ます。

poezd_03


そうだったんだぁ(; ・`д・´)

原始的な方法って感じだけど、最も簡単で費用もかからず確実な方法なんだろうね。

日本もこうなのか知らないし、名称もカエルって呼ぶのか知らないけど、こういうのって世界共通でやってそう。

横転しちゃったようなのはどうしようもないけど、レールから外れちゃっただけとか、こういうのどうやって戻してるのか見たことがないんだよね。

今まで大きなクレーン車で引き上げて直してるもんだと思ってたよ(;´・ω・)



コポー 湯のみカエル 70835