1

中国の女性Su Yunはチベタン・マスティフの子犬を見て、それを買うことにしました。

しかし暫くすると、蘇は自分の飼っているはずの犬が他の犬と違っていることに気付き始めました。

動物は口の形を変え、激しい轟音で吠えたが、女性はすべてが間違っていたことを確信しました。

2

2年後、彼女は最終的に専門家に調べてもらうことに決め、このクマは絶滅の危惧に瀕している稀な種の黒熊であることが解りました。

地元の法律によれば、そのような動物は自宅で飼うことができないため、将来の運命が決定され野生生物救助センターに連れて行かれることになりました。

獣医師はそのクマの体調を調べ、クマは完全に健康であることが解り、女性が適切に飼っていたことに感謝しました。

3

4




チベタン・マスティフの子犬だと言えば高く売れることで、子熊をチベタン・マスティフの子犬に見立てて騙して売ってた奴がいたんだろうな。

しかし子熊といえど、小さい頃から立派な爪が出ていて犬と全然違うって気付きそうなもんだと思うけどw

まあ希望していたチベタン・マスティフの子犬が手に入るってことで舞い上がっていて気が付かなかったとかあるか。

子熊も滅茶苦茶可愛いし、「まっいいか」って騙されてしまったのかもねw



Keel Toys Tibetan Mastiff - 35cm / キールおもちゃチベタン・マスティフ - 35センチメートル