1

ロシア連邦のシベリアの中心都市であるノヴォシビルスクでは、車との衝突時に負傷したハヤブサのための補綴物が作られました。

サンダーという名前が付けられたハヤブサは、事故の後にノヴォシビルスクの鳥リハビリセンターに連れて行かれ、鳥の命を救うために右脚と翼を切断しなければなりませんでした。

次に、ドローンを生産する会社とともに、義足が開発され、3Dプリンターで印刷されました。

2

義足はハヤブサの解剖学的特徴を考慮して作られていたため、すぐに慣れ始めることができました。

しかし悲しいかな、鳥の性質の中で翼が無ければ野生で生き残ることができないので、野生に戻すことはできません。

3


命は助かり、立つこともできるようにはなったが、鳥としては大空を自由に飛ぶことができなくなったのは悲しいだろうな。



PG スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン(スタンダードVer.) 1/72スケール 色分け済みプラモデル