2

ポーランドのチェコウィッツェ・ディジエツィツェのTraugutta通りの歩道に沿って二人の十代の少女たちは冗談を言い合いながら歩いていて、通過するバスの横で友達を押してしまったことで、倒れた友達がバスに轢かれるところでした。



ビエルスコビャワのMZKバスの運転手52歳のがすぐにバスを止め、救急車と二人の警察官が介入したが、幸いにも少女には何も深刻なことはありませんでした。

ビエルスコビャワ警察署によると、Elwira Jurasz(友人をバスに押し込んだ少女)は、交通事故を引き起こしたため300ズウォティ(300PLN :約9600円)の罰金を科されました。

「何言ってんのよぉ~、もおっ」とか楽しく冗談言い合って軽く体で押したつもりだったんだろうけど、まさか倒れるとは思ってもいなかっただろうな。

軽い気持ちで押したことで友達を亡くすところだったが、映像で見ると後輪で頭潰れたかと思ってゾッとした。

轢かれそうになった本人が一番怖かっただろうけど、人殺しになりかけた友達も事の重大さから怖かっただろうな。



ローカル路線バス乗り継ぎの旅 松阪~松本城編