5

ロシア連邦の都市ペンザの居住者は自分のアパートを出入りする珍しい方法をとり近隣の住民やネットワークのユーザーを驚かせました。

ユーリ・イワノビッチ(Yuri Ivanovich)はワークショップの元ディレクターであり、8年前に血管疾患のために彼は片方の足を切断することになり、次にもう片方の足も切断されました。

ショップの友人は彼に珍しい形のエレベーターの贈り物をし、ユーリは特製ウィンチケーブルを車いすに固定し、バルコニーに上がっていきます。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://trinixy.ru/pics5/20180226/video6/invalid.mp4
5



ちょっと怖いけど、このアイデアは有りだろうね。

たぶんこのアパートにはエレベーターが無くて、車いす生活になってからはアパートから一歩も出掛けることができなくなった彼を見かねて、かつての同僚たちが工夫してプレゼントしてくれたんだろうな。

おかげで誰の手も煩わせることなく一人で買い物とか出掛けることができるようになって本人も嬉しいだろう。



SEIKOH 電動ウインチ(ホイスト) 最大200kg リモコン付 モーター出力 500W 家庭用100Vコンセント対応 A20A