1

投げこむ手榴弾は長い間、軍隊で一般的になってきましたが、跳躍する手榴弾についてすべての人が聞いたわけではありません。

比較的新しいこのタイプの手榴弾を開発したのはスウェーデンが関係しています。

開発された手榴弾は2012年にテストされ、その優れたダメージ特性を実証しました。

その独特な点は、爆発が起こる前に2メートルほどの高さに飛び跳ねるという事実にある。

飛び上がった後に爆発し、その破片は4〜5メートルまでの範囲で飛散し、ケブラー製の防弾チョッキを貫通することができます。

2


画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://trinixy.ru/pics5/20180208/post3/grenade.mp4
3


従来の手榴弾のイメージだと、相手のいる所まで確実に投げ込まないとならず、塹壕や物陰に隠れてる相手にはあまりダメージを与えられないって感じがするが、これはそんなの関係なく相手にダメージを与えることができるな。

また遠くまで投げるって難易度も減り、転がせればいいみたいだな。

なんだか心強い武器な気もするが、素人考えで、もし投げるのや転がすの失敗した場合、自分が身を隠す術がなくダメージを食らいそうな両刃の剣な危険性を感じてしまうな( ゚Д゚)



サイクロン インパクト グレネード