1

ドイツでは、レイプから女性を保護するための特別なショーツが発売され、短時間であっという間に完売しました。

そしてこれの20%は他の国の女性によって購入されたという事実もあります。
このショーツのアイデアをしたのはデザイナーのサンドラ・セイルズ(Sandra Sailz)で、彼女は3人の男性に襲われレイプされそうになり、走って逃げているときに通行人が助けに入り難を逃れることができました。

2

ショーツは非常に耐久性のある生地で作られており、裂くことはほとんど不可能であり、カットするのも非常に困難です。
ウエストには、ワイヤーとコンビネーションされた鍵があり、無理やり引き剥がしたときに大音量で鳴るアラームが装備されています。

3


いよいよかw

いや、笑い事じゃない状況になってる証拠なんだろうな。

「難民」って言葉は書かれていなかったけど、こんな物で自衛しなければならなくなった元凶は言わなくても解るよなってことだよなぁ(;´Д`)

何しろ政府や警察が自国民を守ろうとせず、リベラルwとかお花畑全開でお客さんを大事にして、何も問題は起きてませんってスタンスでいるんだから堪らないな。



振動検知 防犯アラーム 防犯ブザー 置き引き 旅行 盗難 さわると爆音アラーム