5

スタントは8時間で最も長いドリフト記録を塗り替える試みの一環で、BMWはドリフト中の車に並走しながら燃料を補給しました。

BMWは2013年に51.278マイルの記録を設定していたが、彼らは今回その記録を143マイルも破り、合計232.5マイル(約374キロ)の連続ドリフト記録を打ち立てました。



車にはドリフト記録を破るために大きな燃料タンクを装備しており、ルールでは車が停止して補給することを可能としています。

しかしBMWはそれが退屈だと思ったので、戦闘機の空中給油からインスピレーションを受け、ドリフト中に燃料を補給することに決め、スタント用にカスタム燃料補給システムが構築されました。

燃料補給車は18ガロンのガソリンを50秒でポンプで送り込む能力がありますが、最大の障害は燃料ホースをドリフトしながら接続することでした。

燃料補給員は安全帯を介して車から落ちるのを防ぎ、彼らは記録挑戦の試みの前に複数回スタントを練習し、実際の挑戦中に5回給油しました。

BMWは8時間で最長の連続ドリフトと、最長のツインドリフトという2つのギネス世界記録を打ち立てました。


とのことで、見てる方は8時間もただグルグルとドリフトしてるのを見てるの退屈で辛くなりそうだが、やってる方は集中力が切れないようにする精神力とか半端ないだろうし、もっと辛いんだろうな。

このドリフトやってるドライバーも凄いが、それに合わせてドリフトしながら給油する方も凄すぎて笑ってしまったw

給油車が接触するなどしてバランス崩してチャレンジ失敗となったら大変なことになるので、責任重大だな。



ドリフトパッケージナノ 日産 GT-R GReddy 35RX SPEC-D