1

生まれた時期によってモナーク蝶(和名:オオカバマダラ)は2週間から約5ヶ月生存することができると言われるが、この蝶の生存時間はさらに短くなると危惧されましたが、幸運なことに、ロミー・マクロスキー(Romy McCloskey)さんが蝶の生存を助けるお手伝いしました。
「前庭の茂みに3匹の幼虫を見つけたとき、私は蝶が羽化するのを見届けることにしました」と彼女は語った。

だが雄の蝶の一匹が不完全な形で羽化したのを発見した後、自分が助けなければならないと思い、蝶を家の手術室に入れ、一般的な家庭用品を使って羽の移植手術を行いました。

「私は蝶を愛しています。 蝶は私にとってとても個人的な意味を持っています。」

彼女は約20年前、母親が死ぬ前に「ロミー、あなたが蝶を見るたびに、私があなたと一緒にいると思ってね。 私があなたを愛していることを覚えておいてね。」と母親との会話の思い出を語りました。

ロミー・マクロスキーはプロのコスチュームデザイナーとハンドメイドの刺繍師です。

彼女が用意した手術道具には、タオル、ワイヤーハンガー、接着セメント、つまようじ、綿棒、はさみ、ピンセット、タルクパウダー、数日前に死亡した雌の蝶の翼が含まれていました。

ロミー・マクロスキーによれば、このような移植手術を実行するときには、蝶に麻酔する必要はなく、羽は人間の爪や髪と同じで痛み受容体はないと言います。

2

蝶をワイヤーハンガーで固定し、傷ついた部分を切り離します。
3

細心の注意と集中力と安定した手で、蝶に新しい羽をフィットさせた。
4

黒い線は完全に一致せず、右下の羽の黒い点(雄の印)が欠けているが、運が良ければ蝶は飛ぶことができるでしょう。
5

次の日、自家製の蜜を吸って腹を満たした後、彼が飛ぶかどうかを見る時間がきました。
6

手術が成功した結果、芝生の周りを素早く周回し、木の枝の上で少し休んだ後に蝶は飛び去っていきました!
さようなら、小さな友達、頑張って生きてください。
7


蝶界のブラックジャック?

こんな移植手術の話は初めて聞いたな。

しかしこんなことで上手くいくのにも驚いたな。

接着剤で付けただけなので、それほど長持ちするとは思えないけど、全く空を飛べずに死んでいくよりは、一時的とはいえ自由に空を飛ぶことができる方がいいだろうな。



EQLEF® (36匹入り)部屋に蝶々飛んでる! 3D蝶のウォールステッカー インテリア 壁飾り おしゃれ  小、中、大3サイズ混合