1

ソ連の自走砲「SAU 2C1カーネーション」と「アメリカ自走銃M109A6パラディン」の射撃を実施し、その車内の様子を比較しています。
画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://cdn.trinixy.ru/pics5/20171215/video3/army.mp4
1



すげー迫力だな、こりゃ(;゚Д゚)

前者がソ連の「SAU 2C1カーネーション」で、後者が米国の「M109A6パラディン」ってことで、ソ連と書かれているがSAU 2C1カーネーションは近代化でアップグレードされた自走砲らしいです。

撃ったとたんに空薬莢が後ろにカコーンと勢いよく排出されるカーネーションの方が迫力満点で、個人的には好みかなw

でもうっかり後ろにいたら、あの飛んで来る薬莢に当たって死にそう(;´・ω・)

どちらも砲弾を押し込んでから弾薬を入れる方式に変わりはないけど、アメリカのは砲弾の後に何でトイレットペーパー突っ込んでるんだ?って見えてしまいそうw

薬莢ではなく弾薬を包んだ物で簡素化されてるんだろうけど煙が凄くて、どちらが優れてるのか素人目には解らないなw



タミヤ 1/35 イタレリシリーズ No.26 アメリカ自走砲 M109A6 パラディン イラク戦争 プラモデル 37026