1

中国では関税担当官が密猟者を拘留し、歴史上で最大の密猟されたセンザンコウ(パンゴリン)の鱗を発見しました。

11.9トンの鱗を得るためには、約2万匹のセンザンコウを殺すことが必要だったはずだそうで、中国民俗医学では、センザンコウの鱗は様々な病気の治療薬になると考えられ使われており、その肉も珍重されています。

2

3

4

5

6

7

8


いい加減、中国人はサイの角だのこんなのは何の薬効も無いってことに気が付けよ(;´・ω・)

こんなのは動物の皮膚や毛が変質しただけのもので、自分の爪を齧って食べてても同じだろうに。

人肉カプセルだの、いつまでそんなもの信じるつもりなんだ?