5

アメリカのカンザス州に住むお婆ちゃんは以前から自宅で傷ついた野良猫を保護したり世話をする保護シェルターのようなことをしていましたが、孫のエリック・ハートレイン(Eric Hertlein)がお婆ちゃんの家を訪ねた時に数匹いる猫の中に異変を感じました。

これらの猫の1匹は他の猫と似ていないどころか、全く猫ではなく、エリックのお婆ちゃんは知らない内に、小さなオポッサムを世話していたのです。

1

エリックは「あれは猫ではないよ」とお婆ちゃんに言いました。

2

お婆ちゃんは家のドアの外で寝ていたオポッサムを猫だと思い、暖かく居心地の良い猫のベッドに導いて、そのオポッサムにテテ(Tete)という名前をつけて可愛がっていたので、彼女は真実を理解して少しショックを受けましたが、あまり気にしていませんでした。

3

エリックはこのことで5分ほど笑っていたが、「まあテテはまだ私を悩ませたり困らせたりしていないので、ここにいるのは大丈夫だよ」とお婆ちゃんは言いました。

4


ただ優しいだけじゃなくて、トボケていて可愛いくて面白いお婆ちゃんだなw

猫たちも気にしていないようだし、オポッサムもシレッと猫のフリして甘えてるとか、なかなかな性格だなw