6

フランスのウィングスーツでのスカイフライヤーたちは最近、スイスのユングフラウ山頂からのベースジャンプに続く信じられないスタントを成功させました。

スカイフライヤーとして知られるフレッド・フーゲン(Fred Fugen)とヴィンス・レフェット(Vince Reffet)は、空中で飛行機に追いついて機内に飛び乗りました。

このデュオベースジャンプは、スペインのエンプリアブラバで100回以上のテスト飛行と、数ヶ月のトレーニングを経て、プロジェクト「A Door in the Sky」の一環として、ヨーロッパ最高峰のユングフラウ山頂から飛び降り、空中で愛称ピラトゥス・ポーター(Pilatus Porter ピラタス PC-6はスイスのピラタスが開発した軽飛行機)と呼ばれる軽飛行機の開いているドアから機内に入りました。



またレッドブルが無茶な挑戦してるのかって気軽に見始めたけど、これ、とんでもなく危険なスタントだよなぁ(;゚Д゚)

動画開始直後に失敗してるNGシーンがあるけど、当たりどころが悪ければ大ケガするだろうし、頭部を強烈にぶつけでもしたら気絶してそのまま落下して死ぬかもしれないなど、大事故の可能性が高いよね。

またタイミングが合わなかったらプロペラに巻き込まれてしまう最悪な事態だってあり得るな。

いくら大変な練習を重ねたといっても危険なことに変わりがないけど、これらの挑戦をサポートするレッドブルの資金も凄いな。