4

オーストラリアのアデレード市のカトリック教会のリーダーたちは、セント・ドミニクの石像を黒い布でカバーするように命じられました。
なぜならクリスチャンの周りで噴火した、聖人の手に持っている物の噂話のためです。

2メートルの石像は12世紀に住んでいた聖人を描いていて、右手に持つパンがペニスを連想させると地元住民やインターネットユーザーから問い合わせがあり、この石像のデザインを承認したのは誰で何のためにと学校を批判し始めました。

この彫刻は、以前学校と協力していたベトナムのアーティストによって作られたと報告されています。

学校はすぐに石像のデザインを調整すると約束しました。

1

2

3


考えすぎだろうwって思ったけど、言われてみるとそうにしか見えなくなってくる気がするw

人によっては、もう完全にそれでしかなくなった人もいるんだろうな。

まあ石像だから強度を持たすために体とくっついていた方が都合はいいだろうけど、ちょっと位置的にマズかったかw

横に小さな子がいるのが決定的で、これがなおさら拍車をかけたんだろうな。

海外ってこの辺の事情にもの凄く敏感に反応するからしょうがないか。