2

10月20日の早朝に、モスクワ地域のLukhovitsky市街地とDvuglinovo間でガスパイプラインの爆発がありました。

爆発の後、ガスパイプから炎の噴水が上がり高さ20メートルに達しました。

事故の原因はパイプに入った亀裂と思われ、現在は再建に向けて進行中です。

モスクワ地方のエネルギー省大臣のレオニード・ネガノフは、緊急事態の結果としての死傷者はなく、物件に損害はなく、ガス供給の遮断はないと述べた。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
http://cdn.trinixy.ru/pics5/20171020/video3/fire.mp4
2



えっ?

こんな凄い炎を1日かそこらで消せるものなの?

元栓閉めればいいだけ?

そういう簡単な話ではないと思うんだけどw、燃料が燃えてるんだから堪らないよなぁ。