2

遺族が足を引っ張るなどして離そうとしても、決してそこから動こうとしない猫の姿が涙を誘う。



離れないどころか飼い主に会いたい気持ちからか、必死に土を掘り起こそうとまでする。

ここまで猫に愛されてみたいものだ。