1

私はお父さんのようなお腹を持つことを切望していましたが、私はまた、それに伴う健康リスクについて非常に心配してたのでダッドバッグ(Dadbag)を作りました。
解決策は非常に簡単で、最適と思われるお父さんの腹が印刷されたウェストバッグを作る事でした。
今、私はそれが好きで、貴重品などをそれに保管することに喜びさえ感じています。
ダッドバッグは現在購入できませんが、パートナーとメーカーが間もなく量産を開始する予定です。

さらに詳しい情報:thedadbag.com

2

3

4

5

6

7

8

9

10


思わずみんなが二度見する、振り返るっ!注目のアイテムになるの間違いなしっw

って、誰が毛むくじゃらのだらしないお腹に憧れるんだって話になるなw

まあ世の中広いので憧れる人はいるんだろうけど、残念ながらまだ量産はされていないようなので、欲しい人はホームページをチェックしてください。