1

アメリカのオクラホマ州東部に位置する都市のタルサ(Tulsa)にあるマーケティング会社GuRuStuのオフィスに住んでいるホワイン・ア・ロット(Whines-A-Lot)卿という名前の猫は、創業者のステュアート・マクダニエル(Stuart McDaniel)が午前中に仕事に出て、ホワイン・ア・ロットt卿がいつも座っているドアの近くにお金が落ちてるのを見つけました。

「どうしてお金が落ちてるのか、私たちは理由が解らなかったが、我々はテストすることにし、ドアの隙間からお金を引いてみると、猫は飛び跳ねて奪い取った」とスチュアートは語った。
2

スチュアートは、通行人が猫とドア越しに遊ぼうとして、ドル紙幣を仮の猫のおもちゃとして使っていたと推測しました。
3

「最初の人はお金を失うつもりはなかったと推測しているが、遊び心を持った猫はとても速く、何が起こったのか気づかない内にお金を持っていかれたと思います」
4

ホワイン・ア・ロット卿がますます多くのお金を盗んだので、現金は慈善団体に寄付することが正しいと判断しました。
5

6

彼らはすでホワイン・ア・ロット卿の仮名である「CASHnip Kitty」の名で100ドル以上を寄付しており、「猫は以前ホームレスだったので、慈善活動はうまくいっているようだ」とスチュアートは語った。
7

8

9

彼のFacebookのページによると、 「Cashnip Kittyは慈善活動の心臓部であり、彼はあなたのお金を奪い、それをホームレスのセンターに寄付します。」
「1ドル札をドアの隙間に差し込むとCashnip Kittyから大きな祝福が続きます。」と述べています。

さらに詳しい情報:Facebook



「猫がやったことだし、1ドルくらいしょうがないかw」って最初の人も笑って諦めたんだろうけど、それが見せ金と呼び水となり次々とお金が入ってきたんだろうなw

猫に小判というか、招き猫というか、美味い商売を考え付いたもんだなっw

まあ、お金が勝手に入ってきてたら困惑するだろうし、懐に入れてしまうのも気が引けるだろうし、慈善団体に寄付するのが一番いい解決策だろうね。

当の猫は良いことしてるって感覚は一切ないんだろうけどw