1

カナダのジョージ・ノックス(Georgie Knox)は、いつものように職場に向かうために車を運転していた時、コヨーテが車の前に飛び込んできました。
当初、飛び込んできた動物を轢き殺したと信じていたが、ノックスは運転を続け約20マイル(約32キロ)進んだ後に動物の運命を知ったとFacebookに書いている。

信号で止まると、女性が車のフロント部分に埋め込まれたコヨーテがいると知らせてきて、車を降りて確認してみると、小さなコヨーテが見つめ返してきて瞬いていました。

2

ノックスはアルバータにある 捕獲された動物を助けるチーム「Fish and Wildlife Enforcement」に連絡し、生物学者がコヨーテを診たところ健康であることが確認され、後にカルガリーの西にあるカナナスキスの国立公園にコヨーテを解放されました。



これは人もコヨーテもビックリしただろうな。

フロントグリルが網目状のデザインだったおかげで、網を突き破ったことで衝撃が吸収され、大きなダメージを負わないで済んだんだろうな。

でも抜け出すこともできないで、そのまま走られたのはさすがに怖かっただろうけどw