1

フランスの警察は、ランスの街の住人から38年前に盗まれた車のプジョー104を見つけました。

長年にわたり車は池の底に沈んでいたが、干ばつのために池の水は干上がり車が姿を現したことで、警察は記録から車は1979年に盗難されたことや、所有者の必要な文書を見つけました。

車の持ち主だった女性は、車が見つかったという事実に驚きました。

車両の保存状態は良好ですが、しかし所有者は受け取りを拒否したそうです。

2

3


そりゃ、そうだろうなw

見つかったって連絡には驚いただろうけど、何分にも38年前の話だし、池の底に眠っていた車じゃ再生も何もする気が起きないだろうしね。

まあ、これがフェラーリのディーノとか希少な名車なら話は別で喜んで受け取るだろうけど、プジョーの大衆コンパクトカーでは何の値打ちも無いから受け取っても処理に困るだけだろう。

しかし38年も水に浸かっておきながら、錆て腐り落ちてる部分など無いし、シートも綺麗な方だし、不思議なほど見た目の状態は良好だな。

完全に泥の中に埋まってたことで、空気が遮断され錆の進行も無く、苔などがこびり付くことも無かったってことなのかな?