毛皮農場で、彼らは正常な体重の5倍まで太らされたキツネを発見した。
1

動物の権利活動家がよく知っているように、毛皮産業は動物にとって信じられないほど残酷であり、恐怖や痛みを感じ、呼吸して生きている存在という認識ではなく、商品としてしか見ません。

小さな檻の中に生きることを余儀なくされた後、ガス室に入れたり、首を折ったりといった残酷な方法で殺される狐、アライグマ、ミンク、チンチラなどの生き物にとって、条件は酷いものばかりです。

残念ながら、恐怖はそこで終わらない。
最近の農場屋内調査で、動物権利団体のOikeuttaeläimille(Animal Justice)が、フィンランド西部のオストロブスニアの毛皮農場5ヵ所で撮影された悲惨な画像と映像を発表しました。

フィンランドの農民は、動物の体の毛皮の量を増やすために意図的に太るように育てていました。
2

動物らは明らかに苦しんでおり、見る限りほとんど動けないほど太りすぎていました。
3

キツネが殺され毛皮が剥がされると、それらの毛皮はSaga Fursブランドで販売され、Louise Vuitton、Gucci、Michael Korsなどの高級ファッションラインで販売されます。
4

下の映像では、これがキツネとはほとんど認識できません。

毛皮産業は利益のためであり、動物の福祉のためには何も気遣っていない証拠であり、消費者はこれらの恐ろしいイメージに衝撃を受けるでしょう。



これ、本当にキツネ?って疑いたくなるほど原型が解らないな。

キツネもイヌ科だからか、ここまで太ると中国のチャウチャウ犬みたいな感じになってしまうんだな。

死ぬまでたくさん食べさせてもらえて良かったじゃんって思う人もいるだろうけど、ここまで無理やり太らされるのってかなりキツイんじゃないかな?