2017年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    まあお金持ちだから、ランボの1台や2台潰しても何も感じないんだろうけど、やっぱりもったいないなぁ。



    こういう人たちって整備どころか、洗車すら自分ですることはないだろうから、お抱えの整備士とかに後始末の全部をやってもらうんだろうけど、クリーナーから何から全部に砂だらけで大変だろうなw

    貧乏人の僻みでしかないけど、「猫に小判」とか、そういう言葉がつい浮かんできちゃうな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カリフォルニアに本拠を置く犬の救助隊「ホープ・フォー・ポーズ(Hope For Paws)」は最近、鉄道の線路脇にいる2匹の犬についての電話を受けた。

    その1匹は2週間前に亡くなっていたが、犬は親友の側を離れることを拒否していた。

    救助隊員、ジョアン・ウィルツ(JoAnn Wiltz)とリサ・アルトゥーロ(Lisa Arturo)が怖がっている犬を見つけ、犬を怖がらせないようにゆっくりと近づいた。

    1

    リサは犬にフライドポテトを与え、信頼を得るようにしてみました。

    犬はそれらを食べていましたが、犬はまだ人間とのやりとりに対し態度を硬化させていました。

    この犬たちはどこからやって来て、いつからここに居るのかは分かりませんが、今までに計り知れない悲しみを経験してたことは明らかです。

    彼らがカサンドラ(Cassandra)と名付けた犬を保護すると、すぐに落ち着き始めました。

    カサンドラはさっそく暖かいお風呂を受け、「暖かい風呂は非常に治療的で、悲しみを分散させるには良い方法です」とHope For PawsはYouTubeのチャンネルに書きました。

    2

    数日後、カサンドラは新しい生活のために外出しました。

    そこには新しい人生、新しい友人、新しい始まりがあります。

    さらに詳しい情報:DoggieBonez.com



    死んだ友の体から離れようとせず、絶望感から自分の死を待っていたのだろうか?

    そう考えると、もの凄く切なく感じてしまう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    追い越そうとした車が膨らんできたので、それに気をとられて対向車のバイクに気が付かなかったのかな?



    対向車のバイクも「こっちくんな」って状態だったのかもね。

    壊れた人形みたいに落ちて動いてないみたいだからダメだったみたいだ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    針の使いまわしだか、汚い針を再び使ったかして感染症になっているようだ。



    どう見ても壊死して腐ってるよなぁ・・・

    何でこの状態で笑っていられるんだ?

    普通なら痛くて堪らないと思うんだが、薬のせいで感じなくなってるのか?

    こうはなりたくないって思わせてくれる。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    土止め用の輪とかしてたけど、何でか崩れてしまい作業員が二人吸い込まれていってしまった。



    よく見るとシャベルに一人ぶら下がっているようだな。

    でも一人は亡くなってしまったようで、生きて救助された方も、救助に6時間かかったそうだ。

    せめて安全帯とか装着して安全確保しておければよかったんだろうけど、吸い込まれる瞬間は怖いな。




    このページのトップヘ