2017年05月

    2

    キエフで計画されたパイプラインの試験の結果として、800ミリのパイプが地中で破裂し、水の圧力はアスファルトを突破し、隣接するアパートの6階のレベルまで上昇しました。

    結果として近くの駐車した車や家を襲いましたが、誰も怪我をしませんでした。

    当局は破裂した理由は1979年に作られたもので、配管の劣化であると述べました。

    この場合、破裂する場所を予測することは不可能だったことが指摘されており、損傷を受けた財産のすべての所有者が補償金を払われることが約束されました。



    3
    5
    4
    6
    7
    8


    こんないきなりモコ~っと道路が盛り上がってくるとか怖すぎるだろw

    噴き出した時も凄いな。

    よく見たら、道路の側を歩いていた人がいたけど、あれでよく巻き込まれたりしなかったな。

    アスファルトの破片とかが吹き飛んできたりして直撃してたら終わってたところだろ。


    様々な時代、世界の様々な国で行われた人間の皮膚で出来た製品を紹介します。

    皮膚から作られた本
    1

    人間の皮膚から作られた手作りの製品で最もよく知られているのは本です。
    主に表紙のみやブックカバーが有名ですが、ページまで人の皮膚に書かれた図書の存在が事実となっています。
    聖書III世紀の最古のこのような製品は、やオーストラリアのアボリジニとアフリカの原住民の「創造性」と呼ばれています。
    18から19世紀にかけてフランスで使われた人間の皮膚の最も人気のある、このような本革は浮浪者や犯罪者の皮膚から作られてました。
    言うまでもなく、それはプライベートコレクションや博物館に保管されている非常に高価な製品でした。
    人間の皮膚の本はハーバード大学で発見されたと言われています。

    人の皮膚から作られた太鼓
    2

    人間の皮膚から作られた楽器は古代から製造することができたと考えられているが、伝説で知られる、15世紀の国家チェコの英雄ヤン・ズヒカという有名な指揮官。
    カトリック教会に対するプロテスタントの反乱により死亡した後、自分の皮膚で作った太鼓で戦いのドラムをやるように命じていた。

    人間の皮膚から作られたアクセサリー
    3

    フランス人は、人間の皮膚で作られた本を作成するよりも、財布、ベルト、タバコケースなど18から19世紀にヨーロッパで流行したものを設定して、手袋を縫うことから始め、そこに行き尽きました。付属品の生産のための工場はフランスの首都から、そう遠くない場所に建設されてました。
    有名な犯罪者アンリPranziniの皮膚のシガレットケースは、オークションで大金が動いて販売されていることが知られています。

    皮膚からのランプシェード
    4

    ナチスのブーヘンヴァルト強制収容所の所長の妻イルゼ・コッホは、彼女の残酷さや非人道的な虐待だけでなく、彼女は刺青の入った男たちの皮膚から作られたランプシェードを気に入っていたという事で知られていました。

    人間の皮膚で作られた近代的な製品
    5

    残念ながら、人間の皮膚で作られた製品の需要は、今でも存在します。
    例えば、フランス人デザイナーのオリビエー・グーレは正確なニキビの痕や角質など、皮膚の欠陥を人工的に再現したポリマーファブリックSkinBagのコレクションを作成しました。

    人間の皮膚から作られたシューズ
    6

    フランス人は、人間の皮膚から靴を作っていました。
    人の皮膚の靴は、動物の革よりもはるかに強度があると考えられていました。
    ある時代のフランス人は、彼女のワードローブの中に人の皮膚から作られた靴やブーツを持っていたことを知っています。
    これら製品のファッションは、ヒトの皮膚で作られており、アメリカに広がったと言われています。

    アイスランドの魔術師のパンツ
    7

    魔術と魔法のアイスランド博物館は、まだ中世の時代にアイスランドの島に住んでいた魔術師が作ったズボンを保存してました。
    魔女は大きな幸運をもたらすために、人間の皮膚を主題に使用することを信じていました。
    私たちは、「魔法」パンツを作成するプロセスを知りませんが、皮膚は彼らが身体の下半身から切り出し作ることが知られており、魔術師は死ぬまで持っていたり着用しました。


    あれっ、なんかフランスがやたらと出てくるな。

    いろいろと黒歴史が多いフランスだが、まあこういうキチが入ったこともあるだろうな。




    1

    日本人は自分の足で操作できる機械の腕のペアを発明しました。

    ロボットアームの原理は言葉なしで、映像をみるだけで理解できます。



    つい、こんなのや
    2

    こんなの
    3

    思い出しちゃうけど、腕がもう一本あったらなぁって場面はあるよね。

    特にハンダ付けの作業はアルアルだなw

    いったいどれだけイライラさせられたことかw

    でもこの場合、ロボットアームに持たせるのは͡コテの方じゃなく基盤やコードの方を持たせた方が安全なような?

    火傷する未来しか見えないんだぜぃw






    4

    建物の壁の間がぶつかり合っていると苦情を受けた市が調査したところ、建物が不安定だということで緊急解体が決まったそう。

    解体が始まったはいいが、3階部分の壁が隣の建物に倒れてしまい、解体してる建物より早く崩壊してしまった。



    あっちゃーw

    壁を一番マズい残し方しちゃってたんだな。

    レンガを積み重ねてるだけの造りだから、崩壊するの早いな。

    なっちゃったものは、なっちゃったんだからしょうがないってスタンスなのか、さり気なく作業続行してるなw




    このページのトップヘ