2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    パリでは年金受給者がATMで現金を下ろしているところを少年のギャングが強盗しようとする事件が多発しています。

    警察によると、これらの犯罪の犠牲者はすでに数十人います。



    パリも終わってる感じだな。

    見た感じ、やっぱりというか移民や自称難民の子供たちって感じだな。

    昼間から堂々と、悪い事してるって感覚が無いのだろうか?

    お婆ちゃんだったら怖がってお金を渡しちゃうところだろうけど、このお爺ちゃんは強かったみたいで、子供たちの頭を引っぱたいて追い払ってるなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    オハイオ州のある警官が身動きできなくなったフクロウの声を聞いたとき、他の野生動物からいつでも攻撃を受ける可能性があったのですぐに行動にでました。

    この前の日曜日、 ジャクソン郷警察署の警察官は、助けを必要とする絶望的な大きなフクロウを発見しました。

    最初はそれは木に引っかかったゴミ袋だと思っていましたが、近づくにつれて、それはカイトの糸がひどく絡み合ったフクロウであることに気付きました。

    1

    警察官は、ジャクソン郷の消防署の消防士に助けを求め、消防隊員のマイク・ワイコフが現場に到着したとき、怪我をしたフクロウを助けるために躊躇しなかった。

    2

    ワイコフは恐がる鳥にゆっくりと接近し、注意深くカイトの糸をほどき始めました。

    ありがたいことに、フクロウは男性がただ助けようとしていることが分かったようで、ワイコフに攻撃することなく、もつれた糸を切り取る作業ができました。

    数分後にワイコフは、フクロウの羽を自由にすることができ、治療のためにHartvilleのWildlife Conservation Centerに持ち込みました。

    3




    釣り糸やカイトの糸など、人間の捨てた物に絡まる可能性は高く、動物にとっては災難でしかないな。

    このフクロウも糸が絡まり、だいぶもがいてたようで、ケガをして体力を消耗しきってるようだ。

    この警察官と消防隊員はいい仕事したね。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    トラクターでドリフトでもしようとしてたのだろうか?



    はっきりとは解らないけど、5人くらいで乗ってる?

    人が乗り過ぎて重心が高くなっているところを、速度を出して、急ハンドルを切ったら、そりゃあ簡単に転がるだろうな。

    後ろに掴まってた奴とか、簡単に飛びだして逃げることができたのは助かったようだが、簡単に逃げ出せなかった運転手とか2人が下敷きになってしまったようだ。

    一人は痛がりながらも動いてるようだが、一人は動いていないし、かなりの重症かダメだったのかもしれないな。

    銅像とかあって学校っぽいから、農業高校とかの校庭で遊んでいたのか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    カッコよく飛び降りるつもりだったのだろうなw



    しかし高さの目測を甘く見てたのと、着地点が砂場だったことで足をとられてコケてしまい、危うく砂に埋め込まれる形で潰されるところだった。

    もの凄く焦っただろうなw

    必死に逃げ出して事なきを得たが、安易な行動が命を落とすところだった。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    北京の研究者が、キーレスエントリーシステムを搭載した車は、2つのトランシーバを使用するだけで盗むことができる事を実証しています。

    車の盗難に使った2つのトランシーバーは各$11(約1200円)ほどと、およそ30秒の時間を要しました。

    それぞれのトランシーバは車に近いことと、オーナーの持っているキーの傍に居なければなりません。

    しかしそれだけのことで車のドアを開け、エンジンを始動し、動かすことができました。



    えぇぇぇ~・・・

    こんなオモチャのトランシーバーでって、これは驚いちゃうな。

    これはキーの発してる信号をトランシーバーで拾って、車側で待機してたトランシーバーに飛ばしてることで車の全制御が解除されてしまうってことか?

    これはちょっとマズいんじゃないか?

    たぶんトランシーバーの電波が届かなくなった所でエンジンが停止したりして車は止まるんだろうけど、すぐ近くにキャリアカーとか待機させておけば積んで行かれてしまうよね。

    こんな簡単に信号を盗んでしまえるってことは、すぐにこの受信した信号を記録して発信し続ける機械とか作られて、そのまま走って行かれる可能性が高いよね。

    キーレスエントリーは便利だけど、こんな落とし穴があるとは、これは怖いな。

    キーから勝手に信号を発しないように、手動で電源を切るとか、すぐに自動車メーカーはそんな対策品を出すが必要があるかもだ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ソマリアの海賊は、多くの場合は強盗するために、貨物船を攻撃します。

    しかし、すべての貨物船が本格的な武装警備員を雇う余裕がありません。

    いくつかの船は周囲に武器の模型を持たせたマネキンを立てたり、有刺鉄線を張り巡らせたりなどの保護をしているのが見られます。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10

    もちろん予算に余裕がある船は、私設軍隊などを乗せていて、ソマリア海賊はこうなります。



    木っ端から作った自動小銃の模型を持ったマネキンを立てるとか、冗談なんだろ?って聞きたくなるが、こんなことでもやらないよりはマシなほど深刻な問題なんだろうな。

    船の周りにグルグル巻きにした有刺鉄線を張り巡らせてるとか、土嚢を積み重ねてるとか、まるでマッドマックスの世界みたいだな。

    しかしよくあのボロ船で追いかけてくるよなぁって、妙な感心をしてしまうw

    でも私設軍隊を乗せているような船を狙うと容赦なく撃たれてしまう。

    これでは海賊たちも逃げるしかないな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2

    科学者たちは、早期に生まれた赤ちゃんを生存させるために、この人工子宮というデバイスを作りました。

    これまでのところ、この装置は子羊の胎児でしか実験されていない。

    火曜日に発表された研究では、8匹の動物を含む、非常に早期の胎児を約1ヶ月間正常に発達させることができたとのこと。

    「私たちは、子宮の状態を子羊をモデルとして、置き換えることに成功しています」とNature Communicationsの雑誌に掲載されたこの研究を率いたフィラデルフィアの小児病院の胎児外科医、Alan Flake氏は述べています。

    「胎児らは正常な成長をしています。」
    「胎児らは正常な肺成熟を行い、正常な脳成熟もしていて、私たちはあらゆる方法で測定し正常な成長をしているのを確認しました」とFlake氏は言います。

    Flake氏は、研究グループが3〜5年以内に非常に時期尚早の人間の胎児でテストすることを望んでいると言います。

    「私たちがしようとしてることは、できるだけ子宮の環境を模倣するシステムを開発することで、それは基本的に人工の子宮です。」とFlake氏は言います。



    うあ~、ついSF映画やアニメで見る、プールやカプセルの中で培養されているクローンとかを思い出してしまうな。

    まるで映画の世界のようだが、現に袋の中で羊の胎児が生きて動いているのを見ると、SF世界の話だったものが、すぐそこまで来てるって感じがするな。

    なんかクローンとかそういう話は嫌だが、この研究が進めば、人工授精からいきなり袋の中で成長させられるとかなるのかな?

    そうなると病気などで子宮が無くなってしまった人でも子供が持てる可能性がでてくるとか、途中で病気治療のために子供を諦めなければならなかった人とか、そういう人たちを救うことができるよね。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    何か変だなと思ったら、階段の上下が間違っていたw



    設計者が間違っていたのか、施工者が間違ったのか、その両方なのか?

    普通に考えたら、作っている最中に気が付きそうなもんだが、設計図がそうなっているんだからって、そのまま進めたのか?w

    まあ使えないこともない?

    無茶すれば上の階に行けそうだが、やっぱり危ないかw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    大ハンマーで叩き割りながら解体しだす男。

    嫌な予感がして、距離を開け始める撮影者w



    やっぱ、そうなるよなw

    完全に崩壊に巻き込まれたかのように見えた男だったが、運よく逃げることができたようだ。

    投げ捨てた大ハンマーの柄が見えて笑っているが、死の恐怖から逃れられた、変なテンションになってそうだなw

    これ、壊したはいいけど、後片付けがもの凄く大変そうだな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    中国の4歳の少女が幼稚園に行く途中で野良犬を拾い、バックパックに子犬を隠したが、子犬は教室で吠えてしまった。

    先生はそれを聞いて、少女を職員室に連れていきました。

    先生に子犬を取り除き捨てられると思った少女は泣き始め、子犬は噛まないことを話し続け、捨てないように先生に懇願し続けました。

    少女には双子の姉妹もいます。

    先生は少女らの両親に電話をかけ、彼女たちは小さな友を飼うことができました。

    ストーリーはとてもコミカルで、ウイルスのように拡散されました。





    1
    2


    かわいいねぇw

    「噛まないから捨てないでぇ~」って言ってるようだが、この少女は不安で不安でしょうがなかったんだろうな。

    先制も可愛くて面白くてしょうがないから動画を撮りだしたんだろうなw

    斬新なお弁当じゃなくてよかった、じゃなくて飼うことができてよかったw




    このページのトップヘ