2017年04月

    1

    ネパール側のヒマラヤ山脈で、行方不明になっていた台湾出身の21歳の登山観光客のリャン・シェンユア(梁聖岳)が発見されました。

    3月9日にダディン郡北部から、豪雪にも関わらずガールフレンドである19歳のリュウ・チェン・チュン(劉宸君)とトレッキングに出かける姿を見たのを最後に消息を絶った。

    そこは台湾からの観光客から最も人気のあるルートで、トレッキングに出発したが、途中で強力な嵐にみまわれました。

    ネパール・ダディン郡ティプリン村近くにある標高約2600メートルの渓谷で道に迷い、滝から落ちたが、運よく生存し続け、そこでテントをセットアップし、助けを待つしかありませんでした。

    その後は、発見されるまで塩と雪を食べ凌いでいました。

    47日後に救助者が行方不明のリャン・シェンユアが座っている赤いテントに気づき、近付くと彼のそばには3日前に死亡した19歳の彼のガールフレンドの遺体がありました。

    男は30キロも体重を失い、生命の危険にさらされている状態にあり、病院に運ばれました。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8


    47日間行方不明で塩と雪を食べて、生きて発見されるとか奇跡だろうな。

    体重も30キロも減るとか、発見がもう少し遅れていたら死んでいただろうな。

    しかしガールフレンドは間に合わなく、3日前に死んでしまったとか、可愛そうな話になってしまったが、その3日間はさらに追い打ちをかけるような地獄だったろうな。


    2

    人民解放軍の兵士たちがロープをジャンプする機能、この演習は戦いに役立てることができるのだろうか。



    戦いに役立つかどうかは疑問だが、凄いことは確かだろうw

    すぐに引っ掛かるかと思ったら3分ほど続けてるとか、凄いよね。

    これ、最初の飛び込みはタイミングを計ってるけど、後は勢いで偶然タイミングが合ってくれるのを待つしかない?

    後ろの人はタイミングを合わせるも何も無く、前の人に付いていくしか無いもんなw

    それで引っ掛からないで3分も飛んでいられたんだから凄い。

    飛んでた人たちもくたくたになってるようだが、縄を回してた人もかなり疲れるだろw


    1

    日本人が見ても凄いと思います。



    見た感じ、どこにでもいる普通のお爺ちゃん。

    台湾とか中国のお爺ちゃんかなと思っていたら、周りの話し声が日本語だったw

    普通のお爺ちゃんが公園の鉄棒でこんなのやりだしたらビックリするよねw

    元気なお爺ちゃんだなって感心するのもいいが、お前逆上がりやってみろって言われたら、できる自信がないってか、かなり怪しいのだがw


    11

    バンコク市場から遠くないところに住んでいるマカク猿は「脂肪オジサン」という愛称で親しまれ、ダイエットの必要性を心配されています。

    地域住民の取り組みを通じて、猿には常にトウモロコシ、パイナップル、ココナッツ、ポップコーン、麺類などの製品が供給され続け、マカク猿の重量は通常の2倍である15キロほどありました。

    マカク動物の権利活動家が注意を払い、猿は獣医クリニックに連れて行かれ厳格な食事療法に直面することになりました。

    脂肪オジサンは体重のノルマを達成した後に解放されます。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10


    ぶわははは、これは凄いw

    太ったなんてもんじゃないな。

    猿は神の使いとか言われ大事にされているのだろうけど、地域住民から与えられる餌を意地汚く食らい続けてたんだろうな。

    これじゃ自分で立ってまともに歩くこともできなさそうだけど、この太った姿を面白がって、さらに餌を与えられたりしたんだろうな。

    完全に自分の腹をテーブルみたいにしてるとか、確かに面白くて可愛いかもしれないが、このままだと脂肪ならぬ死亡待ったなしだろう。

    病院で過酷な食事制限でダイエットするというが、出てきたらまた元に戻りそうだなw





    3

    ワゴン車のメルセデス・ベンツE55 AMGで、200km/hの速度から衝突したビデオ。

    事故はモルドヴィア共和国で起きたが、運転手は生きていたため、この無謀な運転は信じられないほどラッキーでした。



    さすがAMGって感じでいい加速するね。

    トロトロ運転に飽きたのか、加速しだしたはいいけど、ただの一般道でちょっとスピードの出し過ぎだよなぁ。

    トラックに気が付いて200km/hオーバーから速度を落とし始めて、実際にぶつかった時は150km/h弱くらいか。

    このクラスの車になるといいブレーキが付いてると思うんだけど、やっぱり200km/hからのブレーキは慣れてないと恐怖だろうし感覚が解らなかったんだろうな。

    まあ生きていられて運がよかったよね。


    このページのトップヘ