2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ネパール側のヒマラヤ山脈で、行方不明になっていた台湾出身の21歳の登山観光客のリャン・シェンユア(梁聖岳)が発見されました。

    3月9日にダディン郡北部から、豪雪にも関わらずガールフレンドである19歳のリュウ・チェン・チュン(劉宸君)とトレッキングに出かける姿を見たのを最後に消息を絶った。

    そこは台湾からの観光客から最も人気のあるルートで、トレッキングに出発したが、途中で強力な嵐にみまわれました。

    ネパール・ダディン郡ティプリン村近くにある標高約2600メートルの渓谷で道に迷い、滝から落ちたが、運よく生存し続け、そこでテントをセットアップし、助けを待つしかありませんでした。

    その後は、発見されるまで塩と雪を食べ凌いでいました。

    47日後に救助者が行方不明のリャン・シェンユアが座っている赤いテントに気づき、近付くと彼のそばには3日前に死亡した19歳の彼のガールフレンドの遺体がありました。

    男は30キロも体重を失い、生命の危険にさらされている状態にあり、病院に運ばれました。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8


    47日間行方不明で塩と雪を食べて、生きて発見されるとか奇跡だろうな。

    体重も30キロも減るとか、発見がもう少し遅れていたら死んでいただろうな。

    しかしガールフレンドは間に合わなく、3日前に死んでしまったとか、可愛そうな話になってしまったが、その3日間はさらに追い打ちをかけるような地獄だったろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    人民解放軍の兵士たちがロープをジャンプする機能、この演習は戦いに役立てることができるのだろうか。



    戦いに役立つかどうかは疑問だが、凄いことは確かだろうw

    すぐに引っ掛かるかと思ったら3分ほど続けてるとか、凄いよね。

    これ、最初の飛び込みはタイミングを計ってるけど、後は勢いで偶然タイミングが合ってくれるのを待つしかない?

    後ろの人はタイミングを合わせるも何も無く、前の人に付いていくしか無いもんなw

    それで引っ掛からないで3分も飛んでいられたんだから凄い。

    飛んでた人たちもくたくたになってるようだが、縄を回してた人もかなり疲れるだろw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    日本人が見ても凄いと思います。



    見た感じ、どこにでもいる普通のお爺ちゃん。

    台湾とか中国のお爺ちゃんかなと思っていたら、周りの話し声が日本語だったw

    普通のお爺ちゃんが公園の鉄棒でこんなのやりだしたらビックリするよねw

    元気なお爺ちゃんだなって感心するのもいいが、お前逆上がりやってみろって言われたら、できる自信がないってか、かなり怪しいのだがw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11

    バンコク市場から遠くないところに住んでいるマカク猿は「脂肪オジサン」という愛称で親しまれ、ダイエットの必要性を心配されています。

    地域住民の取り組みを通じて、猿には常にトウモロコシ、パイナップル、ココナッツ、ポップコーン、麺類などの製品が供給され続け、マカク猿の重量は通常の2倍である15キロほどありました。

    マカク動物の権利活動家が注意を払い、猿は獣医クリニックに連れて行かれ厳格な食事療法に直面することになりました。

    脂肪オジサンは体重のノルマを達成した後に解放されます。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10


    ぶわははは、これは凄いw

    太ったなんてもんじゃないな。

    猿は神の使いとか言われ大事にされているのだろうけど、地域住民から与えられる餌を意地汚く食らい続けてたんだろうな。

    これじゃ自分で立ってまともに歩くこともできなさそうだけど、この太った姿を面白がって、さらに餌を与えられたりしたんだろうな。

    完全に自分の腹をテーブルみたいにしてるとか、確かに面白くて可愛いかもしれないが、このままだと脂肪ならぬ死亡待ったなしだろう。

    病院で過酷な食事制限でダイエットするというが、出てきたらまた元に戻りそうだなw





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    ワゴン車のメルセデス・ベンツE55 AMGで、200km/hの速度から衝突したビデオ。

    事故はモルドヴィア共和国で起きたが、運転手は生きていたため、この無謀な運転は信じられないほどラッキーでした。



    さすがAMGって感じでいい加速するね。

    トロトロ運転に飽きたのか、加速しだしたはいいけど、ただの一般道でちょっとスピードの出し過ぎだよなぁ。

    トラックに気が付いて200km/hオーバーから速度を落とし始めて、実際にぶつかった時は150km/h弱くらいか。

    このクラスの車になるといいブレーキが付いてると思うんだけど、やっぱり200km/hからのブレーキは慣れてないと恐怖だろうし感覚が解らなかったんだろうな。

    まあ生きていられて運がよかったよね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    デモか何かで渋滞になってることに、業を煮やしたのだろうか?

    それとも反対派の怒りに任せた行動なのか?



    何だかさっぱり解らない状況なのだが、何だか制服を着てる人がたくさんいるみたいに感じるので、高校生とかが参加してるのかな?

    黒人絡みのデモっぽいけど、女子高生が酷いダメージを食らってしまっているようだ。

    何が頭にきてるのか解らないが、人間を引き潰しながら、タイヤが白煙を出すほど空転させられるとか、ちょっと尋常じゃないな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    この男は様々な穴からジャガイモとポテト製品を調達するために自分の家を改造しました。



    まったく意味が解らないw

    しかし日本では深刻なジャガイモ不足から、特定のポテトチップの生産と販売が中止とかで、オークションでとんでもない高値が付けられてたとか話題になっていたが、あれを落札するくらいのポテト好きには夢のような家なのか?w

    ポテト好きに捧げる、こんな歌もあるらしい。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    4月25日の午前10時、ロシアのリペツク地域にあるエンタープライズJSC "EKZ Lebedyansky"(ペプシコ所有)で、300平方メートルの面積の倉庫の屋根が崩壊したと報告されています。

    この事故が起こった結果、Lebedyanは数トンのジュースを地面に溢れさせ、ドン川に流入し始めた。

    屋根崩壊により2人の労働者が38メートルの高さに閉じ込められたとのことで救出しようとしています。

    現在、環境検察庁が川や自然へのダメージを専門家と調査しています。

    2
    3
    4
    5
    9
    10
    11
    12








    うわぁ~、これ、町中がもの凄く甘ったるい匂いに包まれてそうだなw

    臭いものじゃないからいいだろうけど、道路が川のようになってしまい、そこを車がじゃぶじゃぶ言いながら進んでるけど、後でベットベトになっただろうな。

    これ、もしビールとか酒だったらもっと凄かっただろうな。

    ロシアの酔っぱらいがアリのように群がってきて、四つん這いになって道路の酒をじゅ~じゅ~啜っていたかもだw

    汚いと思うかもしれないが、酒税が上がったりすると、メチルアルコール飲んだり、アルコールを求めてバスソルトを飲んだりしてコロコロ死んだりしてるくらいだから、汚いくらい何ともないかもだぞw




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    いつも人々が髪を切るために思いつくクールで新しい方法に感心していますが、この男の恐ろしい方法を試してみる気にはなれません。

    あなたがロシアでこの美容院を見つけ、自分の人生を危険に曝したいのであれば、あなたは可愛いスタイルを得ることができるかもしれません。

    彼が斧を振るう時、位置を間違ってしまった場合に起こる事の可能性について考えるのはやや恐ろしいことです。



    流行らないとおもいますw

    いや、でもスリル大好きロシア人は行くかなw

    しかしどう見ても危ないようにしか見えないし、これ毛根引っ張られたりして痛いんじゃないか?

    斧もスッパスパに研いでおけば、それなりに切れるとは思うけど、カミソリほどにはならないし、それで髪の毛をゾリゾリ切るとか、いい加減苦痛でしかないような気がする。

    東南アジアのどこの国だか忘れたけど、日本刀を振り回して切ってる美容院とかあったけど、もし手元がちょっとでも狂ったらと考えたら、こういう店には絶対に行きたくないなw

    ショートカットは絶対に注文しない方がよさそうだw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    カナダのロッキー山脈の壮大な雪崩を登山者が撮影し、2017年4月26日に投稿されました。



    カナダの雪山にも確実に春がきてるってことなんだろうね。

    雪解けでびしゃびしゃに湿った雪が雪崩を起こしたみたいだけど、本当に雪っていうより川にしか見えない。

    積雪の表面を流れる雪崩と違って、土も拾ってるから汚い色になっちゃってるしね。

    しかしこれを目の前で見るってのは、凄い迫力だろうし、ちょっと感動もしそうだな。

    この登山者たちも、これを見るために登っていたのかしらないけど、いいタイミングでちょうど流れてくるところを見れてラッキーだったろうな。

    似たような映像で、こちらは2017年4月23日に、トルコのカチュカールの山で、降雨と非常に暖かい天候の後、雪の融解が生じ巨大な地滑りが起こったときの映像です。



    これも凄い迫力だな。





    このページのトップヘ