2017年02月

    7

    危ねぇってばw



    両親と妹?が撮影しながら見守っていたようだが、これは止めさせるべきだった。

    いきなり振り落とされてしまったが、もしかしたら後ろ足で思い切り蹴り上げられていたか、頭を踏みつぶされてしまってたかもしれないのだから。

    笑って見てたが、いざ振り落とされたら撮影もそっちのけで慌てた親だが、その前に慌てて止めてやらなければいけなかった。


    6

    YouTubeチャンネルでMake Anythingこと、 Devin Montes は、カラフルなツイスト・コンテナを3Dプリンターで制作しています。

    「これらのデザインは基本的に同じコンセプトの反復です」とDevin氏は言います。

    内側と外側の容器の間にできる微妙な隙間が完全な空気のクッションを作り出すので、それらは本当にスムーズに開閉します。



    茶筒に使ってもいいかもw

    しかし想像以上にするする~とスムーズに入っていくもんだな。

    3Dの図面をパソコンで作ってる作業も動画にあったが、何気にサクサクと簡単そうに進めているけど、慣れてる人だからああやってできるだけで、実際に作るとなると難しいんじゃないの?w

    外側と内側の筒の隙間を調整するのにも、微妙な補正を加えたり、実は意外と大変な作業をしていそうだ












    5

    ペルーのHuayna Picchu山は、有名なマチュピチュを見下ろす最高の景色を間違いなく持っていますが、そこに行くには勇敢でなければなりません。

    山は急な斜面で険しく、雨季(11月から4月)には滑りやすくなりますので、一歩一歩は慎重を期す必要があります。

    Huayna Picchuは、マチュピチュよりも約850フィート(約260メートル)高い8,835フィート(約2,693メートル)の高さです。

    ここに行くと、マチュピチュの失われた都市を驚くほどよく見ることができます。

    これは間違いなくあなたが死ぬ前に訪問しなければならない場所の一つです。

    注:何故か埋め込みコードが無効で動画の貼り付け出来なかったので、下にリンクを付けておきますので、リンク先から閲覧してください。

    Wayna Picchu Stairs of Death

    これは絶景なんてもんじゃないな。

    でも、あの階段は登りたくないぞw

    石だからそれなりに丈夫だとは思うけど、いつボキッと折れるかと思ったら足をかけたくない。

    中国のガラスの回廊と、どっちが恐いだろう?と考えると、こっちの石の階段の方が恐いなw

    このWaynapicchuの動画が関連動画にいくつかあるので、興味がわいた人は見てください。




    1

    この神秘的なモンスターは、フィリピンのディナガット諸島のカグダイナオの海岸に流れ着いてきました。

    誰もそれが何であるか解っていませんが、地元の人々はそれの写真を撮るためにビーチに集まりました。

    2
    3
    4


    何だこれ?

    見た目だと、大きなマルチーズが水辺で寝ているように見えるのだがw

    この手の毛むくじゃらなUMAの写真は以前からいくつかあるが、何なんだろうな?

    まあ、こういうUMAって何かの死骸だったりするんだろうけど、大きさからしてクジラの死体?

    腐敗して筋肉の繊維がバラバラになり、海水で洗われ漂白したことで毛むくじゃらに見えるってところなのだろうか?

    DNA検査してみるとか、解剖や解体して骨を見ればすぐに解りそうなもんだけど、こういうのなかなか続報が入ってこないよね。


    2

    縁石にぶつけたり、誰かの車にぶつけられたりなど、凹んでしまったバンパーに、沸かしたお湯をかけて、裏側から押し出すだけで元の形に戻る。

    Source: Fixing A Car Dent With Just Hot Water and Hands by ViralHog on Rumble



    ただ押しただけでは戻らないけど、元から柔らかい物なだけにお湯をかけて更に柔らかくすることで簡単に押し出すことができるって寸法だな。

    これで凹んだままの恥ずかしい姿で乗っていないで済むw

    ただ、塗装に少しの擦り傷程度ならコンパウンドで磨くなどしてある程度消えるけど、塗装が割れるとか剥がれるなどのダメージが及んでいた場合は塗装しなおさないとならないな。


    このページのトップヘ